ダイエット食品

2013年09月23日

今野杏南、黒い変形ビキニ姿で天井から吊るされて「萌えちゃった」

日テレジェニック2012でグラビアアイドルの今野杏南が21日、東京・秋葉原で最新イメージDVD『あんなに好きなのに』(発売中 3,990円 発売元:ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

DVD『あんなに好きなのに』の発売記念イベントを行った今野杏南

グラビアアイドルの登竜門「日テレジェニック2012」に選ばれてから、雑誌のグラビアやテレビなどに露出されて高い人気を誇っているグラビアアイドルの今野杏南。ネット上では石原さとみに激似と騒がれて話題を集めている。そんな彼女がDVDの撮影で初めて訪れたというタイで撮影された同イメージは、視聴者を彼氏に見立てながら、OLに扮した今野と彼氏がイチャイチャな旅をするというシチュエーションものだ。

今野は「基本的に私の今までのDVDはイチャイチャするシーンが多いんですけど、今回は今までの作品の中で一番イチャイチャしています。普通のイメージがなく、彼である空想の人とイチャイチャしていて、セリフも台本がなくて素の私のセリフが聞けます」と解説。お気に入りは「表紙の花柄の水着のシーンです。それに彼である人にニットの服をハサミで切られたシーンかな」という今野に「エロいシーンは?」と投げ掛けると「黒い変形ビキニのシーンでは天井から吊るされました。縛られて萌えちゃいましたね(笑)。恥ずかしいシーンもなくノリノリでしたよ(笑)」と笑顔を見せた。

タイトルにかけて、「今まで"あんなに好きになった"人は?」という質問には「いないです!」と即答。そんな彼女にタイプを尋ねると「ぽっちゃりしている人が好きなので、お腹が出てる人なら誰でも! オたクな人も好きだし、ファンの人みんな好き!」とアピールしていた。

今野杏南(こんの あんな)

1989年6月15日生まれ。神奈川県出身。O型。身長156cm。スリーサイズはB88・W59・H83。中学3年生時にテレビ東京で放送された『シブスタ』のコーナー『フェロモン中学生』に出演したのを機に芸能界デビュー。2011年から本格的にグラビアアイドルとして活動をスタート。2012年に『日テレジェニック2012』に選出されてから、各雑誌のグラビアを飾るなど注目を集める。特技はピアノ、フットサル、サーフィン。趣味は舞台鑑賞、シュシュ作り、イラスト書き。

続きを読む
posted by あきさん at 12:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『半沢直樹』結末に賛否両論!? 続編は「またお会いできることがあれば」

堺雅人主演のTBS系ドラマ『半沢直樹』の最終回となる第10話が22日に放送され、番組の公式フェイスブックやツイッターには、視聴者からさまざまな感想が寄せられている。

半沢次長は、最終回で香川照之演じる大和田暁常務への「100倍返し」を見事にやってのけ、期待をもって北大路欣也演じる中野渡謙頭取のもとへ行く。中野渡頭取はその活躍をたたえながら、「営業企画部部長職として東京セントラル証券への出向を命じる」と辞令。半沢は驚きの表情になり、最後は怒りに満ちた目元のアップで終わる。この結末に対して、「CMの後も続くと思った」「モヤモヤ」「スッキリしない」や「最高な終わり方」「本当に予想外」といったほか、早くも続編に期待する声もあがっている。

原作を手掛けた作家・池井戸潤の個人事務所であるオフィスIKEIDOの公式ツイッターにも反響の声が寄せられた。担当者はその結末について、「す…、すみません…、原作どおりです」と説明しながら、「衝撃のラストに驚いた皆さま、続きは第3作『ロスジェネの逆襲』をどうぞ…!(半沢パワーアップしてマス)」と呼びかけている。一方、番組公式ツイッターは放送終了後に「最終回の放送を見ていただいた皆様、ありがとうございました。無事全10話、放送出来ました」と感謝の言葉をつづり、「また皆様にお会いできることがあれば、よろしくお願いいたします!!」と結んでいる。

同作は作家・池井戸潤の『オレたちバブル入行組』を原作とする第1部「大阪西支店」編と、『オレたち花のバブル組』を原作とする第2部「東京本店」編で構成されたドラマ。バブル期に入行した銀行員・半沢直樹を主人公に、銀行の内外に現れる「敵」と戦い、組織と格闘していく姿を描いた。放送されるたびに高視聴率を記録してきた話題作。オネエ口調の金融庁検査局主任検査官・黒崎駿一を演じた片岡愛之助は17日付のブログで「最終回予想外の展開ですから、お見逃し無く」と告知するなど、その結末に注目が集まっていた。

posted by あきさん at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

【レポート】ついに3社揃った!! 「iPhone5s/5c」キャリア選びのポイントはこれだ

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社はそれぞれ、9月20日から販売を開始するアップルの新型スマートフォン「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の価格と料金プランを発表した。本稿では、各社の料金プランやサービス、ネットワークを比較しながら、どのキャリアのiPhone 5s/iPhone 5cがもっとも"お買い得"なのか、について考えていきたい。

3社の料金プランをチェック、3社横並びに

それでは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが発表した料金プランについて詳しく見ていこう。

各社の料金・サービス比較表 ※拡大画像はこちら

まず、3社の先陣を切って記者会見で料金プランを発表したのがKDDIだ。KDDIのiPhone 5s/iPhone 5cの料金プランは、現行のiPhone 5と同様で、基本使用料が980円/月、ネット接続料が315円/月、パケット定額料は最大2年間5,460円/月となり、合計は6,755円/月。さらに、固定回線とのセット割である「auスマートバリュー」が利用でき、この割引を適用した場合、パケット定額料が最大2年間1,480円/月割引されて、合計5,800円/月で利用可能となる。また、他社からのMNPによる乗り換えの場合、基本使用料が2年間無料となる「auにかえる割」が適用される。

iPhone 5s

iPhone 5c

2年契約での機種代金の実質負担額は、MNPまたは新規契約の場合、iPhone 5s 16GBが0円、32GBが10,320円、64GBが20,640円。機種変更の場合、iPhone 5s 16GBが14,160円、32GBが24,480円、64GBが34,680円。また、iPhone 5cの実質負担額は、MNPまたは新規契約の場合、16GBが0円、32GBが4,800円となり、さらに10,000円がキャッシュバックされる。機種変更の場合は、16GBが3,240円、32GBが14,160円となる。

続いて、ドコモがWebサイト上で料金プランの発表を行った。今回、初めてiPhoneに参入するドコモの料金プランは、基本使用料が780円/月、ネット接続料が315円/月、パケット定額料が5,460円/月となり、合計は6,555円/月だ。なお、基本使用料が他社よりも200円安いが、キャリア内での無料通話には対応していない。また、「ドコモへスイッチ学割」「ドコモへおかえり割」などのキャンペーンも実施され、他社からMNPで乗り換えた学生を対象としたドコモへスイッチ学割では、基本使用料が3年間無料、パケット定額料が最大3年間1,050円/月割引となる。なお、iPhone 5s/iPhone 5cは、当初spモードメールには対応せず、10月1日から提供される予定となっている。

2年契約での機種代金の実質負担額は、MNPまたは新規契約の場合、iPhone 5s 16GBが0円、32GBが10,080円、64GBが20,160円。また、iPhone 5cの実質負担額は、MNPまたは新規契約の場合、16GB、32GBともに0円。なお、機種変更の場合も、「iPhone買いかえ割」の適用により同額となる。さらに、iPhone 5cの16GBをMNPまたは新規で契約した場合は、キャンペーンにより毎月525円が12カ月にわたって割り引かれる。

ソフトバンクが料金プランを発表したのは、iPhone 5cの予約開始日時である13日16時を過ぎてからという異例の事態となった。ソフトバンクの料金プランは、基本使用料が980円/月、ネット接続料が315円/月、パケット定額料は最大2年間5,460円/月となり、合計は6,755円/月。また、固定回線とのセット割である「スマホBB割」も利用でき、適用するとパケット定額料が2年間で最大1,480円/月の割引となり、合計5,800円/月で利用可能。また、他社からMNPで乗り換えた場合に、基本使用料の2年間無料などが選べる「バンバンのりかえ割」などのキャンペーンも適用される。

2年契約での機種代金の実質負担額は、MNPまたは新規契約の場合、iPhone 5s 16GBが0円、32GBが10,320円、64GBが20,640円。機種変更の場合、iPhone 5s 16GBが14,160円、32GBが24,480円、64GBが34,680円。また、iPhone 5cの実質負担額は、MNPまたは新規契約の場合、16GBが0円、32GBが4,800円となり、さらに10,000円がキャッシュバックされる。機種変更の場合は、16GBが3,240円、32GBが14,160円。

このようにドコモ、KDDI、ソフトバンクの各社が発表したiPhone 5s/iPhone 5cの料金プランは、ほぼ横並びという状況だ。各社の相違点としては、固定回線とのセット割は、ドコモからは提供されておらず、KDDIとソフトバンクのみが実施。この固定回線とのセット割だが、「auスマートバリュー」はカバーエリアが広いのが特長で、全国の世帯カバー率は80%となっている。一方、「スマホBB割」の世帯カバー率は非公開となっている。

また、各社はiPhoneの旧モデルの下取りプログラムも実施する。KDDIでは、同社のiPhone 5、iPhone 4Sの下取りを実施し、iPhone 5(64GBモデル)の場合、28,000円相当のauポイントが還元される。ドコモでは、KDDIとソフトバンクのiPhoneの下取りを実施し、iPhone 5(64GBモデル)の場合、20,000円相当のドコモポイントによる還元となる。また、ソフトバンクも下取りを実施を発表しており、iPhone 5(64GBモデル)の場合、25,000円が毎月1,000ずつ利用料金から割引される。

特にKDDIユーザーは是非この下取りプログラムを活用すべきだ。この施策は、旧モデルのユーザーが負担なく800Mhzのプラチナバンド帯LTEに対応したiPhone 5s/5cに機種変更することができる。既存のau iPhoneのユーザーにとっては"神対応"といってもよいだろう。

各社のネットワーク品質は? 争点はプラチナバンドLTE

上記のとおり、料金プランや割引にあまり差がない中、焦点となるのが、各社のネットワーク品質だ。既報の通り、iPhone 5s/5cでは対応するLTEの周波数が増え、「プラチナバンド」である800MHz帯のLTEに新たに対応した。同周波数帯はドコモとKDDIがLTEに利用しているが、基地局数には大きな差があるようだ。各社LTEの基地局数と人口カバー率を表にまとめたのでご参照いただきたい。

現在、日本で利用されているLTEの周波数帯のうち、iPhone 5s/5cが対応しているのは、800MHz・1.7GHz・2GHz帯の3つ(ドコモとKDDIは、1.5GHz帯でもLTEを展開しているが、iPhone 5s/5cには対応していないため、表には含めていない)。

各周波数帯の基地局数の合計では、KDDIが5.5万となり、他の2社を大きく上回っている。また、ドコモとソフトバンクが2GHz帯に力を入れているのに対し、KDDIではプラチナバンドである800MHz帯に重点を置きつつ、その一方で2GHz帯にも力を入れているのがわかる。注目すべきはKDDIのLTEの人口カバー率であり、前機種iPhone 5と比べてiPhone 5s/5cでは人口カバー率が大幅に伸びている。2GHz帯のみ利用できるiPhone 5のLTEの実人口カバー率が71%であるのに対し、さらに800MHz帯に対応したことでLTEの実人口カバー率は97%にまで拡大している。なお、各社のLTEの人口カバー率は、算出方法は各社で異なるため、直接の比較はできないので、注意していただきたい。

そのほか、最大通信速度については、ドコモは一部地域で下り最大100Mbpsの高速サービスを開始しているが、1.5GHz帯を利用しているため、iPhone 5s/5cには対応していない。一方、KDDIが下り最大100Mbpsの高速サービスを提供しているのは2GHz帯であるため、iPhone 5s/5cでも下り最大100Mbpsの通信を一部地域で利用可能となっている。

今回、iPhone 5s/5cが対応したLTEの周波数帯は、カバーエリアと通信速度の両面で、KDDIに有利なものとなっている。また、KDDIはLTE基地局数の合計でもドコモとソフトバンクを上回っているが、とくにプラチナバンドの800MHz帯をメインに展開している点に注目だ。

すでに800MHz帯LTEに対応しているKDDIのAndroid端末は、通信速度調査などにおいて、LTEのつながりやすさや速度で他社端末を上回る結果を出しており、同社の800MHz帯の整備が進んでいることを示している。そのため、800MHz帯LTEに対応したKDDIのiPhone 5s/5cでは、同社のAndroid端末と同様にLTEのつながりやすさに期待することができるだろう。

*  *  *

iPhone 5s/iPhone 5cの料金プランが各社より発表された。また、MNPでの乗り換え割や固定回線とのセット割、iPhone旧モデルの下取りなど、各社さまざまな割引を用意している。料金プランが出揃ったところで、いよいよ、どのキャリアからiPhone 5s/5cを購入すべきかを検討することになるが、各社の料金プランだけでなくネットワーク品質にも注目しておきたい。iPhone 5s/5c発売まで、あと4日。LTEのつながりやすさではKDDIが現時点でリードしているように見えるが、果たしてユーザーの選択はどうなるのか?





iPhone5s/5c特集
対応エリア、料金の差は?3キャリアを比較してみた。
都内を移動しながら速度調査!その結果は?

posted by あきさん at 07:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。