ダイエット食品

2014年01月17日

西川史子の離婚 メディアでの私生活暴露に夫が耐え切れず

 2010年2月に元葛飾区議会議員で福祉関係の会社役員・Aさん(39才)と結婚した西川史子(42才)。しかし3年11か月後、ふたりは離婚。その結婚生活にピリオドが打たれた。

「ご主人は穏やかな性格の人で、西川さんとは正反対のタイプ。細かいことは気にしないおおらかな性格で、そんな彼の器の大きさは、タレントと医師の二足のわらじをはく西川さんにとって居心地がよかったんです。ただ彼女は根が真面目すぎるというか…。理想の夫婦像を追い求めて空回りばかりしているようでした」(西川の知人)

 西川が抱いていた理想の夫婦像とは、妻は夫を立て、働きやすい環境を作る。夫は生活費を十二分に入れて、浮気だとか妻に心配させない。妻は夫より先に起きて化粧を済ませ、着替えるところも見せたりしない。そして毎日食事をともにする。彼女の両親がそうであるように、彼女自身もそうでなくちゃいけないと思っていたという。

 また西川は、結婚生活がうまくいくためのマニュアル本なども貪るように読んでいたが、Aさんはそんな西川を「かわいい奥さん」だと話していたそうだ。しかし、そんなAさんがどうしても許せなかったことが、西川による私生活の暴露だった。

「西川さんは芸能人ですからAさんもある程度は覚悟して結婚したそうですが、それでも彼女はおしゃべり。かわいい奥さんを目指す前に、そのおしゃべりだけなんとかしてくれればよかったんですよ。最後はさすがのAさんも呆れていましたね」(夫妻の知人)

 例えば、西川はファッション誌『DRESS』の連載の中で、生活費について夫との電話のやりとりを綴ったり、性に関する私生活についてもぶっちゃけている。

<このあいだもリビングルームのおしゃれなカッシーナのテーブルに、(夫は)エロDVDを出しっぱなしにして寝てた>
<かなり高かったラ・ペルラのランジェリーを着た私に、「風邪ひくよ」と言って、夫は隣で高いびきをかきだした>

 西川にしてみれば、リップサービスもあって夫婦生活をおもしろおかしく語っているのだろうが、Aさんにしてみれば寝室を全国中継されているようなもの。一般人としての生活を送る彼にとっては苦痛以外の何物でもなかったことだろう。離婚を発表した翌日となる1月12日、西川は『サンデー・ジャポン』(TBS系)内でこう振り返っている。

「私が番組で“彼が出ていっちゃった”とかって言ったことで、彼にとってはいろんな人から電話があって…。3年ぶりに友人でもない友人が連絡をしてきたりとか、そういうのでもすごく苦しめたみたいですね」

※女性セブン2014年1月30日号



本記事は「NEWSポストセブン」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

続きを読む
posted by あきさん at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。